ダイヤモンド買取相場.com|真似してください!~口コミ評判業者 TOP高く売るためのテクニック >鑑定書有無

鑑別書と鑑定書ってどう違うの?

筆者 <ダイヤモンドを売るときにあるといいのは、鑑定書ですか?それとも鑑別書ですか?似たような言葉なので、同じものなのでしょうか?

利用者Mさん <買取の際にあるといいのは、鑑定書だと思いますよ!そのダイヤモンドのグレードを確かめることができます。業者側は鑑定書があれば、楽に査定ができます。もしも鑑定書がない場合は、一から自分たちでグレードを見なくてはいけませんから、手間がかかるのです。鑑定書があった場合でも、それを全て信じて鑑定をするわけではなく、ある程度自分たちで鑑定をしてグレードに間違いがないかは調べますが、全くゼロの状態から鑑定するよりも楽なのです。鑑定書の内容を電話で説明すると、直接ダイヤモンドを見せなくても大体の金額を教えてくれる業者もあります。

利用者Iさん <鑑定書と鑑別書、わかりにくいですよね。鑑定書は、ダイヤモンドのグレードやランクが記載されています。鑑別書は、そもそもそれがダイヤモンドであるかどうか、その証明がかかれています。買取業者が用意してほしいというのは、鑑定書ですね。でも、もし鑑別書があるなら、見せてみてください。両方あるなら、査定時にどちらも用意しておきましょう。