ダイヤモンド買取相場.com|真似してください!~口コミ評判業者 TOPダイヤモンドを知っておこう >ダイヤモンドの査定基準

査定基準について学ぼう

ダイヤモンドを売ろうと思って調べたところ、知ったのは4Cという基準がある、ということです。ダイヤモンドは全て一緒と思っていたのですが…とても細かくランクわけされているのだとか。自分が持っているダイヤモンドがどのランクなのかによって、買取額も変わります。

その4Cというのは、カラット・カラー・カット・クラリティという4つのCから成り立っていて、頭文字をとって4Cと呼ばれているのですね。この4つのCのレベルがそれぞれわかれているので、ダイヤモンドでもピンからキリまであります。販売される値段にも違いがあるのは、この4Cが基準となっています。ちなみに、カラットは、大きさを表しているのではなく、重さを表しているそうで、勘違いしている人が多いようです。

そして、この4Cと同様にダイヤモンドの査定金額を決めるのが、シェイプや蛍光性です。蛍光性が強ければ強いほど、天然のダイヤモンドと認められるので、価値が高いものに分類されます。

素人が見ただけではわからないかもしれませんが、鑑定する側は細かく見てランクをつけています。これらの基準で査定をしているんだと思って依頼するだけで、何となく安心感があります。売る前に自分でもダイヤモンドの査定基準について調べておくといいでしょう。